アンダーヘアの脱毛

脱毛と聞けば女性の問題であり、男性には関係ないと思い込んでいる人は多いでしょう。

しかし、実際のところ日本でも男性が脱毛をする機会は増えています。

欧米では脱毛をする男性が珍しくなく、その影響で男性向けの脱毛方法が紹介される機会が目立つようになってきました。

また、男性に清潔感を望む女性がいることから男性向けの美容サロンの需要が増えつつあり、男性にとってもデリケートな部分の脱毛が重要なテーマとして浮上してきたのです。

ここではアンダーヘアの脱毛について男性が抱きがちな不安や疑問について、詳しく解説していきます。

アンダーヘアの脱毛で気をつけておきたいこと

アンダーヘアの脱毛について気をつけるべきことは、施術方法やサロンの選定です。

特に間違ったサロンの選択は、長期的なストレスの原因にもなるので気をつけましょう。

選び方として、口コミやホームページを見て選ぶことも大切ですが、可能な限り実際にコンタクトをとってみることをおすすめします。

口コミでは少数意見が文章の勢いだけで目立ってしまう現象が多く見られますし、ホームページには基本、ネガティブなコメントは掲載されていません。

実際にサロンへと足を運ぶことによって見えてくる情報はたくさんあります。

施術者やサロンの雰囲気なども含めて、通うことが苦痛にならなそうなサロンを選ぶと満足できる施術を受けることができるでしょう。

次に、アンダーヘアの脱毛にかかる日数や費用を調べておくことです。

脱毛は一度や二度の施術で完了することがほとんどない施術です。

脱毛を始めたなら繰り返し同じサロンに通う必要が生じます。

忙しくてサロンに行く日をなかなか確保できないのであれば、なるべく自宅や職場から通いやすいサロンを見つけるのも一つの方法でしょう。

また、自身の休日とサロンの営業日が重なるように調整することも大切です。

サロンに通う費用は、人によっては高額に思えるかもしれません。

キャンペーンやイベントを上手く利用すればリーズナブルな値段で施術を受けられることもあります。

ホームページなどで詳細をチェックし、予算と相談して施術内容を決めておきましょう。

また、いくら施術のためといえどもデリケートな部分を他人に見せることに抵抗を覚える人は少なくないようです。

サロンへの不信感が少しでもあるなら、抵抗感も強まってしまうでしょう。

施術を行う前にカウンセリングの場を持ってもらうなどして疑問点をつぶすことや、サロンとの信頼関係を構築していくことが大切になります。

脱毛する量や場所を決める

アンダーヘアの脱毛といっても、全てが同じやり方で施術するわけではありません。

本人の希望によって施術内容は変わってきます。

「そんなの、全て脱毛すればいいんじゃないか?」と考える人もいるでしょうが、今までそこにあるものとして過ごしてきた毛がなくなる違和感は相当なものです。

普通に過ごしているだけでもスースーした感覚を味わったり、どこかこそばゆさを覚えたりすることもあるでしょう。

ですから、脱毛の際には場所や量を決めておくことも大切です。

そこで意識したいのがVIOラインになります。

VIOラインとは女性がアンダーヘアの脱毛をするときに使うデリケートな部分の名称ですが、男性にもあてはまる単語です。

Vとはへその下から恥部の周辺にあたるラインのことです。Iは恥部から肛門へのラインであり、Oは肛門周辺のラインです。

IOラインは自分で確認できるチャンスがなかなかないので、脱毛をする決意をしたらサロンなどで確認してもいいでしょう。

この中で一番目立ちやすいのはVラインです。

Vラインが毛深いと下着姿や水着姿になったときに不潔な印象を与えてしまいがちです。

パートナーに対してはもちろんですが、日常生活でもふとした弾みで人に見られる可能性はあるので人間関係に影響することもあります。

また、他人が何も思っていなくてもコンプレックスになってしまうこともありえるでしょう。

これらのラインをどこまで処理するかで日数や費用は変わります。

コストを抑えるために一部のみ脱毛をしてもらって、残りはセルフケアしようと考える人もいます。

アンダーヘアが生えているのは身体の中でも特にデリケートな箇所なので、施術が長引くと肌へのダメージが蓄積する確率も上がります。

一方で、美容のためにはダメージを考慮してもなお、きれいに処理したいという考え方もあります。

脱毛前のお手入れや準備

アンダーヘアの脱毛を決意して日程が近づいてきたら、生活習慣で注意したいポイントがいくつかあります。

まず、日焼けサロンに行ったり、海やプールに出かけたりして肌を焼くのはやめておきましょう。どのような方法を採用するにせよ、脱毛の施術では肌に負担をかけます。

負担を最小限に抑えるためにサロンは努力を続けていますが、それでも日常生活では経験しない量のダメージが与えられるのは事実です。

肌が焼けているとダメージが倍増するうえに、光脱毛やレーザー脱毛では効率が悪くなってしまいます。

外出もなるべく控えて肌のコンディションを保つように心がけましょう。

暴飲暴食、睡眠不足などにも気をつけることが大切です。

特にアルコールの過剰摂取は肌の状態を悪くし、乾燥した状態で脱毛に挑む原因となります。

脱毛の際の痛みが大きくなるので、できれば施術の数日前から禁酒を心がけたほうがよいでしょう。

そのほかにも、ストレスを蓄積させるなど肌に悪影響があることは避けるようにして過ごすことをおすすめします。

アンダーヘアの脱毛処理を行う際、サロンから「前日までに自分で毛を剃っておいてください」と言われることがあります。

光脱毛やレーザー脱毛を行うときには、毛があるとシールドになって毛根を破壊することができないので、きれいな状態の肌にしておくことが必要です。

この際、カミソリ負けなどを起こしてしまうと施術時に痛んでしまうので、電動シェーバーなど肌に優しい方法で剃るように心がけましょう。

逆にワックス脱毛などを採用した場合には、ある程度の毛量がないとワックスが毛に貼りつきません。

毛深い姿を見せるのが恥ずかしい人もいるでしょうが、毛先を整える程度に留めておいてアンダーヘアを残したまま施術に挑むようにしましょう。

サロンごとに特別な注意点があった場合は、基本的に従うことが脱毛を効率良く行うために重要です。

仕上がり別・脱毛方法

アンダーヘアの脱毛には様々な方法があり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

しかし、ここでは仕上がりに注目して脱毛方法を分析していきます。

まず、セルフ脱毛の定番であるカミソリやシェーバーによる脱毛です。

コストがかからないので多くの人が経験している脱毛方法でしょう。

丁寧に行えば美しい肌を手に入れられますが、施術後もすぐに毛が生えてくるデメリットがあります。

また、VIOラインでいうとIとOのラインの施術がセルフでは難しく、剃り残しがちです。

毛質が太い人は剃った後でも毛根が目立ってしまいます。確実性はあまり高くないといえそうです。

除毛クリームもまた、セルフ脱毛で有名な方法です。クリームをまんべんなく塗るだけの施術なので、脱毛の痛みを敬遠したい人にはおすすめです。

効果が現れれば美しく脱毛できますが、効き目には個人差があるので要注意です。

また、悪徳商品がインターネットを中心に出回っていることもあります。

サロンで人気のレーザー脱毛は部分や量に関係なく脱毛を完了することができます。施術に成功した後では永久的に毛が生えてこなくなるので、コストこそかかりますが手間は大きく削減されます。

同じく人気の施術は光脱毛で、レーザー脱毛よりもダメージが少ないメリットがあります。効力もレーザー脱毛とほぼ同じですが、やや永久脱毛がしにくい傾向が見られます。

脱毛後の形をきれいに整えたいならワックス脱毛がおすすめです。

光脱毛やレーザー脱毛は強力な効果がありますが、ヘアの形をデザインしたい男性にはワックス脱毛のほうが向いています。

特にブラジリアンワックス脱毛はテレビや映画で世界中に認知され、セレブを中心に人気が高まった施術方法です。

ダメージこそかなりのものですが、好みのラインに合わせて毛を抜いていくことができるので特にビキニラインの形成には効果的です。

処理後のスキンケアも大切

脱毛を行った後、肌の痛みに悩まされる人がいます。

原因の一つはレーザー脱毛や光脱毛を行った際の火傷です。

現在では機械の性能が上がり火傷する確率は低下していますが、施術者の人為的ミスなどによって火傷してしまうこともありえます。

また、セルフ脱毛の結果、カミソリ負けしてしまった人もいるでしょう。

デリケートな部分だけにわずかな傷みから炎症へと発展することも考えられます。

頻繁に触れられる箇所でもないので、デリケートゾーンは刺激に弱く十分なケアを施さなければダメージが長引いてしまいがちです。

サロンで施術を受けると施術後に保湿ローションなどでケアはしてくれます。

しかし、それでスキンケアは完了したわけではなくローションが乾いてしまえば痛みが襲ってくる可能性があります。

特に光脱毛などでは肌に熱を当てられ続けていたわけですから、肌は乾燥しやすくなっています。

脱毛に行くときは施術後のことも考えて保湿ローションなどを購入しておくといいでしょう。

あるいは、女性用のスキンケア用品も効果的です。

プラセンタやセラミド、コラーゲンなどの美容成分は肌のコンディションを回復させるために役立ちます。

自分で買うのが恥ずかしいときは、ネット注文したりパートナーのものを分けてもらったりするといいでしょう。

施術後、しばらく肌は不安定な状態が続きます。

施術の直前と同じく、肌のダメージになるような行動は慎んでおいたほうが賢明です。

日差しの強い場所に出かけたり、激しいスポーツをしたりしないようにしましょう。

そして、睡眠時間を確保しストレスを溜め込まない生活を心がけます。

サロンに再び通う必要があるなら、余計に早く肌を整えることが大切です。

自分の肌をいたわる気持ちがあればアンダーヘアの脱毛を効率的に進めていくことができるでしょう。