髭のレーザー脱毛

髭が濃いというのは、は男性にとってはポピュラーな悩みの1つではないでしょうか?

髭が濃いと清潔感がないように見えますし、肌が弱くて髭が濃い人の場合は毎朝の髭剃りで肌 にダメージが出たりもします。髭で得をするということはまったくなく、無駄な存在と言い切れます。

では、どうすればいいのでしょうか。

結論は髭を脱毛してしまえばいいんです。今は医療レーザー脱毛のように効果が高い脱毛が、 女性の化粧品代と比較したら安い価格で施術を受けることができるようになっているわけです から。

それがわかっていても、いざ「髭を脱毛しよう」、となると躊躇してしまう理由があることも 理解できます。

おそらく髭の脱毛をすることに二の足を踏んでしまう理由のトップは、「周りに髭を脱毛した ことがバレないか」ということだと思います。

そこで髭を脱毛した私が、髭を脱毛すると周囲の反応がどう変わるのか、自らの体験を踏まえ て説明したいと思います。

髭を脱毛するとバレる?

私は、34歳の時に髭をレーザー脱毛しました。1年間通い放題のコースで、口まわりと顎を脱 毛対象箇所として合計で12回施術を受けました。

以前は、髭を剃った直後でも青々とした剃り跡が顔のほとんどを覆っていました。施術後はそ れが全くなくなり、髭を時間をかけて剃る必要もないレベルでつるつるになりました。

その際の周囲の反応は下記の通りでした。

職場の反応

日常的に顔を合わせるのは80人程度です。上司1名から「最近さっぱりしたな」と言われまし たが、その1件のみでその他の人から指摘や質問等はありませんでした。

友人 の反応

誰も気が付かなかったので、施術が終わった後に自分からカミングアウトしました。「ほんと だ!」「そういえば髭がない!」というリアクション。 髭を脱毛したことに、誰も気がつい ていなかったようです。

家族の反応

 1人暮らしをしていたので、日常的に顔を合わせていたわけではありません。たまに実家に 帰っても、誰からも髭についての指摘はなかったです。

唯一指摘してきた職場の上司は「髭がなくなったことに気がついている」という感じで接して きました。脱毛したと認識していたかどうかはわかりませんが、なにかやっているとは気付い ていたようです。

 それ以外は、誰も髭がなくなってつるつるになったことについて気づいていませんでした。

自分が思うほど人は他人に関心を示さない

この件を通して、「自分が思っているほど、人は他人に関心を持っていない」という教訓を得 ることができました。あなたが髭を脱毛したとしても、不審に思われたり、バレて冷やかされ たりすることはまずないでしょう。

他人の視線が理由で髭の脱毛を躊躇している人は、安心して髭を脱毛してしまいましょう。

それでも髭を脱毛していることを隠したい人はどうすればいい?

髭を脱毛したとしても、周囲からそれを指摘されるようなことはまずない、ということはお分 かりいただいたと思います。

それがわかっていても、できるだけバレないようにしたいものです。私自身もそう思っていま した。

もし髭を脱毛していることがバレるとしたら、髭がなくなっていることでバレるのではなく、 医療レーザー脱毛の施術後に起こる現象、通称「泥棒ひげ」が原因となる可能性があります。

逆にいえばこの泥棒ひげの状態が悪目立ちしないようにできればいいのです。

そこで医療レーザー脱毛の際に避けることのできない現象「泥棒ひげ」について、どのような 現象なのか、なぜ起こるのか、回避する方法はあるのか説明していきます。

泥棒ひげとはどんな状態?

医療レーザー脱毛の施術を受けた後、レーザーを照射した範囲の髭が毛穴の中で膨張し、一時 的に真っ黒になる現象を泥棒ひげといいます。

レーザーを照射した口の周りが黒くなると、古いコントに出てくる泥棒のメイクのように見え ます。この様子が、泥棒ひげという呼称の元になっていると思われます。

この泥棒ひげの状態は髭を剃っていない、または若干伸ばしているように見えてしまいます。 事情を知らない人が見た場合には、髭を剃ってこなかったように見えてしまうかもしれませ ん。

営業や接客等、人に会うことが仕事の一部になっている人の場合、ちょっと目立ってしまうの が難点です。髭を剃ってこなかったと、社内の誰かからツッコミが入るのではないでしょう か。

泥棒ひげになる理由は?

それでは、なぜ医療レーザー脱毛をすると泥棒ひげになるのでしょうか?

医療レーザー脱毛は、黒い色素に反応するレーザー光を照射し、髭を経由して毛根にある発毛 を司る組織まで熱を伝えます。発毛組織に熱ダメージを与えて破壊することで、毛が生えない ようになるのです。

この過程で髭そのものにも熱が加わるわけです。その結果、髭が熱膨張して毛穴の中に残った
ままになってしまいます。

通常は、3日目位で毛穴からぽろぽろと髭が抜け落ち始めます。1週間から10日前後で全ての髭 が毛穴から押し出され、つるつるの状態になりますが、その間は泥棒ひげの状態が続くわけで す。

この泥棒ひげは、剃ろうとしてもコシが全くないため上手く剃ることができないという特徴が あります。自然に抜けるのを待つしかありません。

泥棒ひげを回避する方法は?

泥棒ひげを回避する方法は、残念ながらありません。医療レーザー脱毛の効果がきちんと出て いる結果として、泥棒ひげが発生しているのです。ですので、「レーザー光による熱がきちん と伝わった結果」として捉えて受け入れるしかないと思います。

泥棒ひげが一番目立つのは、一番髭の本数が多い時、すなわち脱毛初回です。2回目、3回目と 施術を続けるうちに髭の本数が減ってくると、熱に反応する髭も少なくなるので、泥棒ひげも 目立ちにくくなってきます。

施術前の髭の本数や密度には個人差があるとは思いますが、髭の濃い人ほど泥棒ひげになりや すいです。

泥棒ひげを剃るのが難しいということは前述しましたが、無理して剃ろうとすると、毛穴から 雑菌が入り毛嚢炎というニキビのような炎症を起こしたり、皮膚にもダメージを与えてしまう ことがあります。決して無理に泥棒ひげを剃ろうとしたり、気にして擦ったりしないようにし ましょう。

泥棒ひげとは上手く付き合うしかない

要するに、泥棒ひげは医療レーザー脱毛の施術後に必ず起きる現象なので、上手く目立たない ようにするしかありません。

具体的など泥棒ひげのごまかし方としては次のようなものが考えられます。

1)マスクをする

これが、一番効果的かつ現実的な泥棒ひげのごまかし方だと思います。

泥棒ひげの期間は約1週間~10日間程度ですが、経験上1週間で殆どの泥棒ひげが抜け落ちるは ずです。マスクをするのも最長で1週間と考えてください。

最近では、風邪以外にも花粉症対策や乾燥防止等、様々な理由でマスクを装着することが一般 的になっています。1週間程度なら、マスク装着も不審に思われることもないでしょう。

しかし、医療レーザー脱毛の場合は定期的に施術を行うことになりますので、1ヶ月~2ヶ月ご とにマスクを装着することになります。

さすがにこれは不自然だと、心配する人もいるかもしれません。けれど、髭の脱毛が周囲にバ レないように、あなたがマスクをしていても周囲はそれほど気にしていません。

体調に気を使うキャラを装いつつ、マスクを利用して泥棒ひげをごまかしましょう。

2)金曜日の夜に施術を受ける

 泥棒ひげは、早ければ3日目位から抜け始めますので、施術直後が最も汚く見えます。金曜日 の夜に医療レーザー脱毛の施術を受ければ、最も泥棒ひげがひどい土曜日、日曜日は人目に触 れずに過ごすことができます。

 出勤は医療レーザー脱毛の施術後3日目からになりますので、早い場合は木曜日位に殆ど泥棒 ひげが抜け落ちてつるつる、ということも考えられます。遅い場合でも、翌週の月曜日には 泥棒ひげはほぼ解消されているでしょう。

難点は、皆同じことを考えるので金曜日の夜の予約が取りにくい点です。その場合は土曜日の 午前中、なるべく早い時間に施術を受けるのがおすすめです。

3)季節を選ぶ 

泥棒ひげをごまかすためには、マスクをしている頻度が高くても違和感がない季節に医療レーザー脱毛の施術を受けるのが望ましいです。

例えば初回の施術を9月に受け、毛周期を考慮した施術のサイクルが2か月おきだとした場合。 11月、1月、3月の風邪、インフルエンザ、花粉症の季節に、最も泥棒ひげが目立つ初回からの 数回の施術をあわせることができます。

また、医療レーザー脱毛は濃い色素に反応する光源を使用するので、日焼けしてしまうとレーザーの出力が上げられなくなります。そのため、なるべく日焼けを避けるようにと指導されま す。

日頃から日焼けに配慮している女性と違い、男性の場合、日焼けに気をつけているつもりでも どうしても焼けてしまったりするものです。

そういった意味でも、日焼けしてしまいそうな夏を避けて脱毛を始めると、効率良く脱毛がで きると思います。

上記の1)、2)、3)を満たしながら医療レーザー脱毛を進めていくと、周囲に気づかれずに いつの間にかつるつるになっていた、というように髭を脱毛できます。

案ずるより産むが易し!バレないから髭を脱毛してしまいましょう! 

30歳をすぎると友人と頻繁に会う、ということはなくなっていきます。久しぶりにあった友人 達は私の髭がつるつるだということに全く気が付きませんでした。

気心知れた間柄でしたので、こういうワケで髭を脱毛した、とカミングアウトしてみたんで す。皆の感想は「俺もやろうかな?」と反応でした。

髭の濃さには個人差がありますが、程度を問わずみんな髭を剃るのが面倒臭いな、髭なんかな ければいいのにな、と思っていたというオチがついたわけです。

結論として、髭を脱毛している事実は泥棒ひげの期間だけごまかすことができれば、まず周囲 に気付かれることはありません。もし、誰かに指摘されたとしても堂々と「そうなんですよ、 髭が濃いと朝面倒くさいんで」と言って終わりでいいのです。

私が髭を脱毛した十数年前と比較して、髭の脱毛は市民権を得ています。以前のような 「ちょっと恥ずかしい」という感じは、だいぶなくなってきていると思います。

髭に悩んでいるのなら、さっさと医療レーザー脱毛を行っているクリニックのカウンセリング を受けて髭を脱毛してしまいましょう。やってよかった、と後から絶対に思うはずです。