脇毛

腋毛が濃くてコンプレックスを感じている男性は、日本でも少なくありません。

体毛が濃いのは悪いことではないはずなのですが、近年では男性でもメンズエステなどに通うなど美意識が高まっていくにつれ、体毛にコンプレックスを抱く人が増えてきました。

それに伴い、腋毛を処理する方法の数々がメディアなどを通じて広まっており、ますます体毛が濃い人の関心が高まっています。

そもそも腋毛とは、伸ばしていても魅力的に感じる人が少ないため、できることなら処理したいと考えるようです。

ここでは腋毛を処理した方が良いのか、処理するならどんな方法があるのかをまとめました。

男でも腋毛は処理した方がいい?

男の脇毛処理

腋毛の濃さで悩んでいる人は多い一方で、処理するのをためらっている男性も少なくありません。

その理由としてはまず、男性が腋毛を処理するという行為自体が男らしくないのではないかと思い、気が引けるというものが挙げられるでしょう。

確かに、少し前までは男性が腋毛を気にすること自体が珍しく、濃い人も薄い人も気にせずに毎日を過ごしていました。

それなのに、どうして日本人が腋毛を気にするようになったのかというと、男性の美容サロンやクリニックが発達し、メディアでもしきりに話題にされるようになったのが理由の一つでしょう。

男性もまた美しい肉体への興味が高まり、あまりにも濃い体毛は処理したいと考えるようになってきたのです。

今では男性が体毛を処理するのはそれほど珍しくないため、腋毛を処理しても不思議に思われることはほぼないでしょう。

また、インターネットが一般化したり、海外で活躍する日本人の発言を聞いたりして、欧米では腋毛を処理するのが一般的であることも分かってきました。

世界的に見て腋毛やアンダーヘアを処理している男性は多く、自然な行為といえるのです。

腋毛を処理することでファッションの幅が広がるという長所も発生します。

腋毛を処理すると健康を害してしまうのではないか?という意見もあります。

確かに腋毛には摩擦を防いだり、汗を吸収したりしてくれる機能があります。

ただし、アンダーシャツを工夫するなどの方法で、腋毛の役割をカバーすることは十分に可能です。

腋毛を生やしていることで感じる不快感を考えれば、腋毛を処理するメリットは、少しくらいのデメリットと差し引いて余りあるでしょう。

全ての男性が腋毛を処理したいと思っている訳ではないでしょうが、本人が望んでいるなら、思い切るのも得策です。

外見的にも清潔感が増し、精神的にも悩みが解消されることでしょう。

女性から見た男の脇毛

女性から見た男の脇毛

男性の中には、女性は体毛の濃い男性の方がダンディーで好むと思っている人もいるかもしれません。

もちろん、そういう趣味の女性もいるでしょう。

しかし、多くの女性は体毛、特に腋毛が濃い男性を見ると幻滅してしまう傾向にあるようです。

理由としてはまず、日常とのギャップです。

会社や学校では爽やかに接してくれていた男性が、ふとした瞬間に腋毛を見せていたら、女性は気持ちが冷めてしまうでしょう。

よく、女性はギャップのある一面に心を引かれるといいますが、逆を言えば、悪い意味でのギャップはマイナスポイントです。

ふだんの印象がよい人ほど、腋毛で思わぬ減点をくらってしまうこともありえるのです

次に、だらしのないイメージです。多くの女性が日頃、体毛の処理に苦戦しながら、つるつるの肌をキープしています。

そんな女性からすれば、体毛が濃い人はだらしがない人、と無意識的に思ってしまいます。

もちろん体毛が濃くても真面目で几帳面な人はいますが、女性の実感に裏打ちされた先入観は覆しにくいものです。

いつもはきっちりと仕事をしているのに、腋毛だけで悪いイメージを持たれるのはもったいないといえます。

生理的にうけつけない、という女性も大勢います。

テレビでは好感度の低いテレビタレントが体毛の濃い体を晒していると、女性なら眉をひそめてしまうでしょう。

タレントは仕事でやっていると分かっていても、生理的嫌悪だけはどうしようもありません。

そして、日常で見る男性の腋毛にも同じような嫌悪感を抱き、受け付けなくなってしまうのです。

女性に嫌われた後で、原因が腋毛だと知ったら悔やんでも悔やみきれないのではないでしょうか?

少しだけ気をつかって処理しておけばよかったと後悔すること必至です。

女性の視線を気にするのであれば、できるだけ早く腋毛を目立たなくしておいて、損をすることはないのです。

腋毛の処理方法

男性の脱毛方法にはさまざまな方法があります。コストや体質などさまざまな視点から選択するのをおすすめします。

カミソリを使った脇毛の処理

まず、セルフ脱毛と呼ばれる自分で処理する方法です。

ハサミカミソリなどを使って行うのが一般的です。

自宅で誰でも行える簡単な方法ですが、注意点としては慣れていないうちは意外と難しいということです。

鏡を見て慎重に行わなければ、剃り残しやカミソリ負けが起こってしまいます。

初心者はじっくり時間をかけて丁寧に行うことが肝心です。

次に、脱毛クリームを使う方法です。脱毛クリームとは、毛根に塗ることで除毛作用を起こすクリームのことです。

ハサミやカミソリを使った脱毛よりも時間がかかってしまいますが、脱毛クリームの良いところは仕上がりが美しくなることです。

腋毛が毛根から抜け落ちていくので、剃り残しに悩まされることもありません。脱毛後の肌の状態を美しくキープできます。

ただし、体質によっては効果が弱まる人もいるようです。

脱毛サロンでの脇毛処理

脱毛サロンやクリニックに通うことも一つの方法です。

体毛が体質的に濃く、セルフ脱毛で効果が出ない人は、サロンで永久脱毛などの手段も検討してみましょう。

サロンで行う脱毛の中でも有名なのはレーザー脱毛です。レーザーにより、毛根を焼き切って毛が生えてくることを防ぎます。

毛根だけに反応するレーザーを使用するので、火傷や肌荒れのリスクも少なくて済みます。

セレブリティーの間で一時期注目されていた、ワックス脱毛も有名な方法です。

ワックスを脱毛したい部分になじませ、布を貼り付けて引き剥がします。痛みはありますが、仕上がりの確実性でいうとかなりの効果が見られます。

また、ピンポイントで脱毛を成功できるのも大きなメリットでしょう。

現在では男性でも脱毛の選択肢が増え、実践のハードルは下がっています。

スキばさみで脇毛を薄く見せるには?

完全に腋毛を除去してツルツルの脇を手に入れるだけが脱毛ではなく、必要な長さだけ腋毛をカットする方法もあります。

わざわざ腋毛を残すのにもいくつかのメリットがあります。

脇毛と脇汗

まずは、脇汗対策です。汗の量が多い人は特に、腋毛がなくなってから脇汗が余計に多くなったと感じる傾向があります。

急に汗の量が増えることは滅多にないので、腋毛がなくなったことにより、吸収してくれる存在を失い、汗が服へとダイレクトにしみこむようになってしまったことが原因です。

脇汗が服を変色させる様子を眺めていると「やっぱり腋毛を少しは残しておいた方がよかったかも」と考えることもあるでしょう。

慣れていないうちは、腋毛を処理することで肌を傷めてしまうので、肌を守る意味でも腋毛を少しは残しておく方が無難です。

脇はデリケートな部位であり、だからこそ腋毛がカバーしていたといえます。

カミソリやその他の道具で、腫れ上がった脇を晒すのは、余計に格好悪くなってしまうこともあります。

腋毛をほどよく処理するにはスキばさみが使いやすいでしょう。

髪の毛の長さを整えるように腋毛を処理していきます。ポイントは、根こそぎ腋毛を除去しようとしないことで、注意すべきは本数を減らすのではなく、ボリュームを抑えることです。

毛先を整え、服を着ていてもはみ出さないようにします。

髪の毛を切るわけではないので、失敗を恐れずにどんどん切っていけるのもスキばさみのいいところです。

最後にある程度は美しく見えるよう、整えておけば手軽に腋毛処理が完了します。

カミソリで脇を手入れするのが怖い、という人もスキばさみは役立つでしょう。

また、いきなり全ての腋毛を取り除くと違和感が大きく、涼しすぎたり、こそばゆく感じたりしてなかなか慣れません。

脱毛を思い立った人は、手始めにスキばさみを使って様子をみてはいかがでしょうか。

脇毛処理による肌トラブル対策

腋毛の脱毛で心がけたいのは、周囲から自然に見えることです。

いうなれば、「この人は腋毛を処理しているな」と思われることが目的ではなく、そもそも腋毛について意識せず接してもらえることが、上手な脱毛の成功例といえるでしょう。

そのためには、道具や方法ごとにケアするポイントも変わってきます。

カミソリを使うときには、切り傷はもちろん、黒ずみが起こらないようにしましょう

カミソリを使うと程度の差はあれ、摩擦が生じます。

すると、メラニンを活性化させ黒ずみができてしまうこともあります。切り傷であればやがて治りますが、黒ずみは長引いてしまい、なかなか消えてくれない可能性があります。

黒ずみは目立ってしまう肌トラブルなので、ローションやクリームを使い、なるべく摩擦を抑える工夫が重要です。あるいは、電動カミソリで注意深く剃るようにしましょう。

脇毛を毛抜きで抜く

摩擦を防ぐには毛を抜けばいい、と考える人もいるでしょうが、これも腫れの原因となり、不自然に見えるのでおすすめできない方法です

セルフで毛を引っこ抜く方法では肌にダメージを与え、化膿の原因にもなります。見た目だけでなく、激しい痛みに悩まされることもあるでしょう。

脱毛は一度始めてしまうと夢中になってしまい、完璧に毛を処理したいという欲求も生まれます。

しかし、そのことで肌に悪影響を与えてしまえば、毛とは別の部分で悪目立ちをしてしまいます。

最初のうちは、着ている服からはみ出さないように、アンダーシャツから透けないように、など身近な範囲の目標を決めて自然な脱毛を心がけましょう。

そして、それ以上を望む人は時間ができたら安全な方法で施術を行うことが大切です。

腋毛の脱毛はこれからの時代、男性にとっても当然のエチケットになる可能性があり、今から意識しながら毎日を過ごしたいところです。