メンズ脱毛

毎日髭を剃るのは面倒くさいもと思っている男性は多いことでしょう。

いっそのこと脱毛してしまおうかと考える人も少なくないのではないでしょうか。

また昨今は、男性を見る女性の視線も、厳しいものになってきました。太く濃い体毛を、好ましく思わない女性が増えているのです。

胸毛やすね毛など、見苦しいと思われる箇所のムダ毛を、自分で処理する人もいるでしょう。

しかしなかなか簡単にはいきません。

男性の場合は、ムダ毛をただなくすだけでなく、自然な感じにするといった配慮も必要なのです。

そこで今回は、男性のムダ毛処理についてお話してみます。

どうして男のムダ毛処理は難しいのか

男性脱毛

男性の毛は女性よりも太く、密度も濃いのが一般的です。

したがってどんな方法をとるにしても、女性よりも処理することが難しくなるのです。

自分で処理をするにしても、脱毛サロンなどで処理をするにしても、脱毛処理に手間と時間がかかってしまいます

手間や時間がかかる以外に、技術的な難しさもあります。

たとえば太い毛を不揃いに切ってしまうとします。

すると肌着から短くなった太い毛が突き出してしまうといった見た目に恥ずかしい状態になってしまうこともあるでしょう。

下手に剃って、つるつるにしすぎても不自然な感じになります。

ムダ毛を処理していることはバレたくないと考える人にとっては、不自然な感じになるのは好ましくありません。

ムダ毛を処理していると知って、ひやかしてくる人も中にはいるでしょう。

人に知られるのが嫌だということを別にしても、男性の場合、ムダ毛処理をしている自分自身が恥ずかしいと感じてしまう場合もあります。

そこでなるべく自然に薄くしたいと考えるのですが、そもそも自然とはどういった状態なのかがまた難しいところです。自分では自然と感じていても、他人から見て自然とは限りません。

そもそも女性の男性を見る目はかなり厳しいのです。

わざわざムダ毛処理をしているのは嫌、でも剛毛も嫌、といった難易度の高い要望も珍しくありません。

その要求に応えるために、つるつるでもなく、剛毛でもなく、さりげない自然な形に仕上げなければならない、という難しさが男性のムダ毛処理にはあるということです。

濃い毛を一所懸命に剃っても、すぐに生えてくる、その剃った跡から生えている短く太い毛に不快感を抱く女性もいます。

女性の細く薄い毛と違って、男性の毛は剃っても不自然に目立ってしまうのです。

それを避けるためには、まめにメンテナンスをしなければならないのですが、根気が続かない、そんな困難さが、男性のムダ毛処理には始終つきまとうというわけです。

さまざまなムダ毛処理の方法

ムダ毛シェーバー

ムダ毛の処理には、さまざまな方法があります。

自宅で行える手軽な方法としては、まずシェーバーがあげられるでしょう。

もともと髭を剃る用のアイテムなので、比較的に肌に優しくムダ毛を処理することができます。

しかしその処理効果は一時的で、すぐにまたムダ毛が生えてきてしまうという弱点もあります。

カミソリを使うムダ毛処理も一般的でしょう。

この方法も手軽に行えますが、すぐに生えてきてしまうというのはシェーバーと同様です。また切り口が目立ちやすいという欠点もあります。

とくに男性の太い毛の場合は、切り口がかなり目立ってしまうでしょう。

また皮膚の表面を削ってしまうことで、炎症など肌のトラブルを起こすこともあります。かといって、毛抜きはかなり手荒な方法です。痛いですし、手間もかかります。

カミソリなどよりは効果が長く続きますが、肌のトラブルを起こすおそれもあります。

ブリーチを使って、毛の色を薄くするといった方法は、手軽ですが場所によっては皮膚炎を起こす心配があるでしょう。

ムダ毛を溶かすには、除毛剤を使うといった方法があります。薬剤が肌にあえば除毛跡が比較的きれいに仕上がる方法です。

また、ワックスを使うといった方法もあります。脱毛専用のワックスを塗り、シートを使って一気にはがすといった方法です。広い範囲をまとめて脱毛してくれますので、楽に脱毛ができます。

ただし、皮膚にダメージを与え、かぶれたり皮膚炎を起こしたりといったこともあるので注意が必要でしょう。

家庭用脱毛器には、ムダ毛を熱で焼き切ったり、光で処理をしたりするといったタイプがあります。

一般にサロンやクリニックでの脱毛ほど効果は高くありませんが、自宅で手軽に行えるといった点はメリットです。

使用する部位や毛の質、機器との相性によって効果に差があるでしょう。

サロンで行う本格的なムダ毛処理としては、針を使うニードル脱毛や光を使うフラッシュ脱毛が、クリニックで行うムダ毛処理としては、レーザーを使ったレーザー脱毛といった方法があります。

部位によって違う処理のしかた

レーザー脱毛

サロンでムダ毛処理を行う場合は、ニードル、フラッシュいった方法があります。

フラッシュ脱毛に関しては、痛みが比較的少ないということもあり、部位に関係なく全身に使われる場合が多いでしょう。

フラッシュ脱毛は光を使った脱毛方法ですが、広範囲に光を当てられるという長所があるので、広範囲な部分を脱毛するといった用途にも向いているといえます。

ニードル脱毛は一般にかなりの痛みをともなうともいわれているため、敏感な部位のムダ毛処理には向かないとされています。

しかし最新の技術を取り入れた方法では、痛みはかなり軽減されているようです。そのため、サロンによってはフラッシュ脱毛より広い範囲に使用する場合があります。

レーザーは威力が強いので、レーザー脱毛は専門医がいるクリニックで行われます。

レーザー脱毛の場合も、一般的にクリニックでは全身の脱毛に使われています。

フラッシュやレーザー脱毛の場合、メラニンが濃い部分に強く反応するため、日焼けをしている部位には痛みが強くなって使えないといったおそれもあります。

自分でムダ毛を処理する場合、脇毛や陰毛などについてはまったくなくしてしまうというよりも、長さを整えるといった処理のしかたをするでしょう。

その際はヒートカッターを使用することがおすすめです。ヒートカッターは毛を焼き切るため切り口が尖りにくく、肌にちくちくとした感じを与えません。

腕の毛やすね毛など、薄くするだけでいいという場合は、ブリーチを使います。

手軽に行える処理のしかたですが、毛が伸びるのに合わせて、頻繁にメンテナンスをする必要があります。

胸毛など、広い範囲の毛をきれいになくすためには、除毛剤を使うとよいでしょう。

ただし、皮膚が敏感な人は、注意が必要です。使用前に少量を塗って皮膚の様子を見てから行うことをおすすめします。

家庭用脱毛器の効果的な使い方

家庭用脱毛器

光を使う家庭用脱毛器の場合、光を脱毛したい部位に照射するだけという手間のかからない脱毛方法となります。

効果的に使うためにはまず、機種ごとの取扱説明書をよく読み、注意書きを守って指定された部位に使用することが大切です。

また光を使った脱毛器では、使用する光が肌のメラニンにも反応してしまいます。

そのため、使用時には日焼けをしないようにするといった注意も必要でしょう。

同様にタトゥーや傷跡などがある箇所にも使用しないようにします。脱毛器の使用前には肌を冷やしておくことも大切です。使用後についても、また冷やすようにしましょう。

保冷剤や氷で冷やしたタオルなどを使ったアイシングが効果的です。

陰毛を処理する場合は、ふだん身につけている下着を考慮して脱毛する範囲を決めるとよいでしょう。

場当たり的に脱毛するのではなく、あらかじめ脱毛する範囲を決めて計画的に脱毛することをおすすめします。

そうすることによって、脱毛ムラを防ぐことができるでしょう。

陰毛など長い毛を適度な長さに処理するには、ヒートカッターを使用します。

ハサミなどを使うと、毛先が尖ってちくちくとしてしまうので注意しましょう。

ヒートカッターならば毛先が丸くなるので安心です。ヒートカッターを上手く使うには、毛が生えている方向と逆にすくうようにして剃るのがコツです。

その際、1箇所に当て続けないようにしましょう。なでるように軽く使ってください。

ムダ毛を処理したあとは、保湿剤などをつけてスキンケアをおこないます。

光を使う脱毛器と同様に、取扱説明書をよく読んで注意書きを守ることも、ヒートカッターを効果的に使うためには大切なことです。

男性の脱毛サロンの効果

サロンで行われるニードル脱毛は、レーザー脱毛が行われるようになるまでは、クリニックなどにおいても主流の脱毛方法でした。

効果は非常に高いのですが、痛みをともなうのが弱点とされています。

方法としては、まず針を毛穴に差し込んでから電気を流します。その状態を数十秒続けると毛根が電気の熱によってダメージを受けます。

以上の作業を脱毛したい毛穴すべてに行うのです。

ニードル脱毛はとにかく痛いですが、脱毛効果は高いとされています。

毛穴ひとつひとつに行うため、施術の時間が長くかかるというデメリットもあります。

毛の密度が高い男性にとっては、気になるデメリットといえるでしょう。

フラッシュ脱毛は、比較的に新しい脱毛法です。他の脱毛方法に比べて、痛みも少ないといわれています。

フラッシュ脱毛は、光によって毛根にダメージを与えることにより、毛根の再生力を弱めるといった手法です。

レーザーに比べて威力が弱いため、繰り返し行う必要がありますが、その分、肌への刺激は少なく皮膚に優しい脱毛方法といえるでしょう。

繰り返し施術を行うことで毛が薄くなっていくため、一般的には2、3カ月に1度ずつ、2年ほど施術を続ける必要があります。

男性の場合は毛が太く濃いため、効果が現れるまで時間がかかる可能性もあるでしょう。

レーザー脱毛はレーザーの出力が強いため、専門医がいるクリニックで行われます。

光よりも威力があり痛みをともなうので、事前に麻酔クリームを使用するといった対処をします。

脱毛効果は高いのですが、毛の生える周期に合わせて数回の施術を行う必要はあります。

しかし光脱毛よりは、効果が現れるのは早いでしょう。その分、光脱毛よりも費用が高めになります。

男性脱毛

男性のムダ毛処理は、女性よりも難しいケースが多くなります。
 
しかし適切な処理をすれば、男性でも満足のいく脱毛は可能です。部位ごとに適した脱毛方法を使って、効果的な脱毛を試みましょう。