脱毛と飲酒

脱毛前や脱毛後、飲酒できるのか気になる人もいるでしょう。

毎晩晩酌している人にとっては、前日なら飲んでも大丈夫!と思っている人もいるかもしれません。

脱毛の前日にアルコールを摂取すると、血管が拡張し血行が良くなるため、肌トラブルを起こしやすくなります。

また、脱毛後も飲酒によって体温が上がると、ぽつぽつ赤みが出てきたりかゆくなったりすることがあります。

そのため、多くのサロンで脱毛前後の飲酒は禁止されているのです。

ここでは、脱毛と飲酒にどのような関係があるのか、脱毛前の注意点を含め解説します。

より安全な脱毛を行うためにぜひ参考にしてください。

脱毛前の飲酒はNG

飲酒

基本的に脱毛前日や脱毛直前の飲酒はNGと認識しておきましょう。

もちろん、脱毛の直前に飲酒し、酔った状態で施術を受けるのは、マナーとしてもアウトです。

嘔吐する可能性や体の静止状態をキープできないなどの可能性もあるので、酔っていては脱毛できません

それに加え、前日も飲酒は控えるほうが無難です。飲酒した量によっては、前日といってもアルコール臭さが残ることがあります。

狭い個室での脱毛施術では施術者に迷惑をかけることになるでしょう。

脱毛は多くの場合、複数回通わなければなりません。

飲酒によってスタッフに迷惑をかけてしまうと自分自身が今後通いづらくなってしまいます。

また、アルコール摂取後は非常に肌が乾燥しやすく、脱毛によって肌トラブルを起こす可能性もあるのです。

飲酒によって肌が乾燥しやすくなる原因として、アルコールの影響で利尿作用が働き、身体の水分量が減ってしまうことがあげられます。

それに加え、アルコールで上昇した体温を体外に出す際やアルコール分解の際に体内の水分を使うことも乾燥の原因です。

このようにして乾燥した肌はバリア機能が低下しているので、脱毛によって刺激を加えると熱くなったりかゆくなったりということが起こり得るのです。

脱毛は一定の肌への負担は避けられません。

それを、乾燥したコンディションの悪い肌で行ってしまうと重大な肌トラブルにつながることもあるのです。

さらに、アルコールによって体温が上がった肌の状態は、痛みに敏感とされています。

ちょっとした摩擦でも痛みを感じることもあるので、脱毛の痛みはかなり強く感じられストレスにつながることもあるでしょう。

施術後は、炎症リスクも高まるので肌にとって負担が大きいといえるのです。

このようなことから脱毛前の飲酒は控えるべきとされており、多くの脱毛サロンで脱毛前日や脱毛前12時間は飲酒をしないよう決められています

脱毛の後は飲酒OK!?

脱毛後の飲酒

多くの脱毛方法は、毛根のメラニン色素を熱で破壊する方法を用いています。

施術中は毛根のみに熱が加わるため、熱く感じることはあまりありません。

しかし、皮膚の中に熱がこもった状態は施術後もしばらく続きます。

その熱を持った状態でお酒を飲むと血管が拡張し血行促進され、肌への強い刺激になってしまいます。それが施術後のヒリヒリ感や赤みなど肌トラブルへとつながっていくのです。

ひどい時にはかゆみがでて無意識にかきむしってしまうかもしれません。

かきむしりはさらなるかゆみ皮膚の傷につながり、継続した脱毛施術が受けられないという事態も起こり得るのです。

やけどや怪我をした際、傷口を安静に保つために飲酒を控えるようにいわれることがあります。

脱毛後の飲酒NGは、それと同じようなものと認識しておくと良いでしょう。

また、脱毛後に飲酒をして酔っぱらってしまうと、必要な保湿のお手入れができない可能性があります。

施術直後はスタッフによって、徹底した保湿ケアが行われすべすべの状態です。

しかし時間がたてば自分でこまめにケアしなければなりません。

お手入れ不足は乾燥を引き起こし、肌のバリア機能を低下させます

施術当日の夜は肌のケアのためにしっかりと時間をとれるようにしておきましょう。

さらに、脱毛後のトラブルは基本的にサロンで保証するなど対応してもらえますが、飲酒によるトラブルは対応してもらえないケースがほとんどです

あらかじめ飲酒をしないよう注意を受けている場合は、規約を守っていないことになるのでトラブルがおきても自己責任になってしまいます。

皮膚科に行き、自腹で診察を受けるなど余計にお金がかかってしまうのです。

軽い気持ちで飲酒してしまっうことがないように、くれぐれも、施術後の夜はお酒を控えるようにしましょう。

そのほかの熱をもたせる行為

脱毛後は、アルコール摂取以外にも身体に熱を持たせる行為を避けたほうが良いでしょう。

脱毛と入浴

例えば脱毛当日の入浴です。

普段なら疲れをとったり身体を温めたりするのに有効な方法ですが、脱毛当日は避けたほうが無難です。

脱毛後に保湿してもらった肌が一気に乾燥し、保湿効果がなくなってしまう可能性があるからです。

自分で保湿すればよいと思う人もいるかもしれませんが、一時的にでも油分や水分が奪われてしまうことは施術後の肌にとってリスクになってしまいます。

また、湯船につかって身体が熱を持つことでかゆみにつながることもあります。

かゆみは肌トラブルの大敵なので、肌に熱をこもらせないようにしましょう

脱毛と運動

2つ目は運動です。運動によって血流が促進され、かゆみあかみが出るだけでなく、汗によって毛穴が化膿することもあります。

汗に含まれる脂は細菌を付着しやすいので、皮膚の細菌が集まり感染してしまう危険性があるのです。

脱毛後のデリケートな肌で毛穴が化膿してしまうと治りが悪くなることもあるので運動は控えなければなりません

脱毛と日焼け

3つ目は日焼けです。施術後の肌が日焼けすると肌が炎症を起こしやすく軽いやけどのような状態になることがあります。

脱毛直後はメラトニンの働きも活発化しているので、ちょっとの日焼けで「シミ」ができやすくなってしまうのです。

もし、長時間日光を浴び日焼けしてしまうと、次回以降の脱毛効果が低くなる可能性もあります。

日焼けしていると、肌の黒さにレーザーが反応しやけどを起こしてしまう危険性があるのです。

そのため肌の状態をみてレーザーの出力を低くしなくてはいけなくなり、脱毛効果が薄くなってしまうというものです。

このようなことからも脱毛後の「入浴」「運動」「日焼け」はできるだけ避けるようにしましょう

その中でも、日焼けは施術当日に限らず一定期間避けるよう注意が必要です。

日常での注意点

脱毛後は普段何気なく行っている行為を、丁寧に行う必要があります。

まず、施術後帰宅までの間に時間がかかりそうなときは、ちょっとしたタイミングで施術個所を保湿ケアするのがおすすめです。

脱毛直後は思っている以上に乾燥するので、服との摩擦だけでも違和感をおぼえることがあります。

ボディークリームなど軽く塗っておくだけでも肌の状態は違いますから、まめに保湿を行いましょう。

脱毛後の保湿

施術の翌日は肌の状態に異常がないか確認します。

問題なければ、普段の生活に戻れますが、「保湿ケア」「乾燥防止」は意識しなければなりません。

飲酒する際は、多めに水分摂取することを心がけ乾燥しないようにしましょう。

常にクリームやオイルを携帯しておき、飲みながらこまめにケアするのもおすすめです。

脱毛から数日たっていても、乾燥の激しい冬などは徹底したケアを行ってください

入浴の際も気を付けなければなりません。熱い湯を顔や身体にかけてしまうと本来肌にとどまるべき皮脂まで洗い流してしまいます

それによって乾燥しやすくなりトラブルが起きやすくなるのです。

もし、顔の脱毛を行った後なら直接顔にシャワーをあてるのではなく、洗面器の湯を手ですくって顔を洗うようにしましょう。温度も人肌ぐらいが刺激になりません。

湯船につかる場合も熱すぎたり長時間浸かったりするのは、就寝中などにかゆみを引き起こす原因になります。脱毛後しばらくは、さっと湯船につかる程度にしておきましょう

もちろん入浴後は保湿のお手入れを念入りに行います。

男性の場合、なかなかフェイスクリームやボディークリームを使う機会がないという人もいるでしょうが、脱毛後しばらくは習慣化しなくてはなりません。

より念入りな保湿ケアのためには就寝前にもケアしておくと良いでしょう。

就寝中は無意識に体をかき皮膚にダメージを与える可能性もあります。

そのため十分な保湿でかゆみが出ないようにしましょう

パジャマなど就寝時の服装もコットン100%のものを選ぶと安心です。

脱毛サロンへいく時に気を付けること

脱毛サロンへ行く際気を付けるポイントとして、自分に合うサロン選びをするということがあげられます。

しかし、多くのサロンがあるため、どんな基準で選べばよいのかわからないという人もいるでしょう。

もし、資格が必要な脱毛ならきちんと資格保持者によって施術が行われるか確認しましょう。

もちろん、脱毛施術に関して資格が必要ないものもありますが、資格取得の有無は一定の技術の証明になると考えられます。

また、サロンの中には無料カウンセリングを行っているところもあります。

カウンセリングを受けてみてスタッフの対応や説明の的確さを見極めるという方法もあるでしょう。

わからないことを質問して、きちんとした回答が得られるかどうかなど、自分なりにチェックしてみましょう。

脱毛サロンのカウンセリング

さらに、サロンの衛生面や清潔かどうかも非常に重要です。

脱毛箇所によっては、感染症や病気のリスクもあるため、不潔と感じられるサロンは避けなければなりません。

ベッドや脱毛器の消毒などがきちんと行われている、徹底して綺麗な環境を保っているサロンをえらびましょう。

自分なりに納得できるサロンが見つかったら、カウンセリングを受け脱毛を行います。

脱毛当日は、薬の服用を禁止しているサロンもあるので注意しましょう。

頭痛薬や風邪薬などどうしても服用が必要な場合はスタッフに相談します。

また、ピーリングやあかすりなどの積極的な角質ケアも避けたほうが無難です。肌が敏感になり痛みを感じやすくなるからです。

脱毛箇所はシェーバーなどで軽く剃っておく必要がありますが、どれくらいの長さにするか、どう行うかなどスタッフに細かく確認しましょう。

ほとんどのサロンでは施術前に注意事項をきちんと説明してくれるので安心です。

飲酒についても細かく説明されると考えられます。

脱毛前日や脱毛12時間前は飲酒せず、脱毛後その日の飲酒も控えましょう

安心できるサロンを選び、ルールを守ってより安全な脱毛を心がけたいですね。