男性の脱毛法

男性でも脱毛するのが一般的になりつつあり、興味を持っている男性も多いでしょう。

しかし、脱毛に詳しい男性はそう多くはありません。どの方法で脱毛すればよいのか迷っている人も少なくないでしょう。

男性同士で脱毛に関する情報を交換し合う機会はあまりないでしょうし、女性の知り合いに相談するのは恥ずかしいと感じるかもしれません。

そこで、ここでは脱毛にはどのような種類があるのか、仕組みから紹介していきます。一口に脱毛と言っても種類によって、施術方法やコストなどに大きな違いがあります。

どの方法にもそれぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合った方法を選択していきましょう。

色々な脱毛の種類

脱毛にはさまざまな種類があります。

レーザー脱毛は、黒色や茶色に反応するレーザーを毛根に照射し、脱毛していく方法です。広範囲を短時間で施術できるのが特長です。

レーザー脱毛は医療行為であるため、医療機関でのみ行うことができ、エステサロンでは行うことができません。

医療機関で行うので、希望すれば吸入式のものやクリームタイプの麻酔をしてもらうこともできます。

次に光脱毛ですが、これは光が黒色に反応する仕組みを用いた脱毛方法で、フラッシュ脱毛とも呼ばれます。主にエステティックサロンで行われます。

1度に何本も脱毛できるので、ニードル脱毛よりも短時間で施術を行えるというメリットがあります。

光脱毛はレーザー脱毛よりもパワーが弱いため、効果も弱まってしまうことがありますが、その代わり痛みは少ないです。

ニードル脱毛は電気脱毛とも呼ばれており、ニードルを使用して毛根に電気を流し、脱毛する方法です。

レーザー脱毛や光脱毛は、施術前に自己処理をするように指示されることが多いですが、ニードル脱毛は毛が伸びた状態で施術します。

それから、クリニックやエステサロンに通うのが面倒だという人は、家庭用脱毛器を使用するという手もあります。

家庭用脱毛器は、皮膚を温めながら自分で脱毛していく方法です。

最近は光脱毛やサーミコン式などの家庭用脱毛器が、たくさん販売されています。

脱毛サロンでプロにお願いするよりも効果は弱いですが、自宅で手軽に脱毛できるのが魅力です。

ワックス脱毛は、脱毛用ワックスを温めて肌に塗り、毛に密着する力を利用して脱毛するという方法です。

ワックスを使用すると、広範囲を一気に脱毛することができます。

自分で行うことも可能ですが、エステサロンで施術してもらったほうが、成功しやすいでしょう。

これらの脱毛方法の中で特に代表的なのは、レーザー脱毛・光脱毛・ニードル脱毛の3つです。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は、単一の波長の光を増幅し、皮膚に照射するという仕組みになっています。

光は黒いメラニン色素に反応し、そこだけに集中して熱を加え、組織を破壊していきます。

照射されたレーザーは皮下にある黒い毛に吸収され、毛包全体に熱が伝わっていきます。

そして最終的には毛と毛を育てる毛母細胞が破壊され、残った毛は抜け落ちていきます。

レーザー脱毛は黒い部分に反応するという性質から、シミ・ほくろ・そばかすがあったり、日焼けをしていたりする部分は、施術を行うことができない可能性があります。

また、色素沈着がひどい乳首・性器・肛門なども、断られる可能性があります。

しかしこの仕組みを逆手に取って、レーザー脱毛に使用する機器で、シミやそばかすを除去しているクリニックも存在します。

実際のところ、シミがある部位にレーザー脱毛を行ったところ、シミがなくなったという人も存在します。

なお、効果の高さに定評のあるレーザー脱毛ですが、うぶ毛には効果が弱いといわれています。

顔や手の甲などに生えているうぶ毛はメラニンの含有量が少ないため、毛根を破壊するのに充分な熱を集めることができません。

また、ヒゲのように狭い範囲に密集している毛も、レーザー脱毛の効果が弱いとされています。

しかし、使用する機器や機器の使い方によって、効果を高めることは可能です。

光脱毛の仕組み

光脱毛のメカニズムも、レーザー脱毛とほぼ同じです。

光を照射するとメラニン色素の黒色に反応し、毛根まで組織を破壊していきます。

熱が毛根まで届いた毛は後日抜け落ち、脱毛が完了するという仕組みです。黒い部分に反応するので、シミ・ほくろ・そばかす・日焼け・色素沈着などが見られる部位は、施術を断られることがあります。

光脱毛とレーザー脱毛で決定的に違うのは出力量で、レーザー脱毛は60ジュールまで出力が可能なのに対し、光脱毛は20ジュールまでしか出力することができません。

そのため、レーザー脱毛は5〜6回で脱毛が完了することが多いのに対して、光脱毛だと10回以上サロンに通わなければならないことも、珍しくありません。

光脱毛は、時間はあるけどお金に余裕がないという人にはおすすめですが、お金には余裕があるけど時間がないという人は、レーザー脱毛のほうが向いているでしょう。

ただ出力が弱い分、レーザー脱毛よりも感じる痛みが弱くて済むというメリットもあります。

そのためデリケートゾーンや顔、脇など、痛みに敏感な部分には、光脱毛がおすすめです。また、光脱毛とレーザー脱毛では、光の種類が異なります。

レーザー脱毛では単一の波長を持つ光を使用するのに対して、光脱毛は複数の波長を持つ光を使用することで、毛母細胞にダメージを与えていきます。

光脱毛で使用されるインテンス・パルス・ライトという特殊な光は、家庭用脱毛器にも用いられています。

しかし、脱毛サロンで導入されている機器のほうが強い光を照射することができるため、より高い効果が期待できるでしょう。

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は、有資格者でなければ施術を行うことができない脱毛方法です。

レーザー脱毛と光脱毛が浸透するまでは、最もメジャーな施術方法でした。

ニードル脱毛を行うときは、レーザー脱毛や光脱毛とは違い、毛を少し伸ばしておかなければなりません。

何故ならニードル脱毛は、ニードルを毛穴に刺して行う施術方法であるため、毛が見えなければ狙いを定めることができないからです。

ニードル脱毛ではまず毛穴にニードルを刺し、そこから10〜20秒ほどかけて電流を流していきます。

こうすると、電流の熱で毛根にダメージが与えられるという仕組みです。

電流を流し終わったらニードルを抜き、また次の毛穴に刺すという風に、繰り返し施術を行っていきます。

そして施術後1〜2週間ほど待てば、自然と毛が抜け落ちていくでしょう。

ニードル脱毛は通電した針と皮膚が触れるので、強烈な痛みを伴いますし、やけどを負ったり色素沈着を起こしたりするというリスクがあります。

しかし最近では、皮膚へのダメージを軽減するために、ニードルの長さを短くしたり、皮膚がやけどを負うことを防ぐために、ニードルの皮膚に接触する部分を絶縁したりと、工夫を凝らしている脱毛サロンもあります。

ニードル脱毛はレーザー脱毛や光脱毛とは違い、光を使用するわけではないので、日焼けやシミなどがある部分でも、施術することが可能です。

またレーザー脱毛や光脱毛は白髪には効き目がありませんが、ニードル脱毛ならば白髪でも問題なく施術することができます。

コストや痛みのことを考えると、ニードル脱毛で全身脱毛をするのはあまり現実的ではありません。

しかし、レーザー脱毛や光脱毛の施術を断られた部位は、ニードル脱毛を検討してみるとよいでしょう。

注意すること

多くの脱毛サロンはさまざまな脱毛プランを用意していますが、なかでも人気なのが全身脱毛です。

全身脱毛のコースを選ぶとお得になることが多いですが、注意しておきたいのは、「全身」の定義がサロンによって異なるということです。

よくあるのが、全身脱毛と言いながら顔は含まれていないというパターンです。

あとでトラブルに発展しないよう、事前によく確認しておく必要があります。

またニードル脱毛の場合、施術を行う人の技術力が低いと、色素沈着を起こしたり、やけどを負ったりする可能性が高いです。

事前に施術者が資格を保有しているのかどうかはもちろん、どのような実績があるのかということも、よく確認しておいたほうがよいでしょう。

次に施術当日の注意点ですが、体調が優れなかったり、肌のコンディションが悪かったりすると、施術を断られる可能性があります。

前日はしっかりと休み、万全のコンディションで脱毛に臨みましょう。

レーザー脱毛や光脱毛の場合、日焼けをしないように日頃から紫外線対策をしておくことも重要です。

紫外線対策は施術前だけではなく、施術後も必須です。もし脱毛後に日焼けすると、シミになったり、肌が乾燥して痛みを感じたりといった肌トラブルを引き起こす可能性がある上に、脱毛の効果も半減してしまうでしょう。また、脱毛の前後は飲酒もNGです。

アルコールは体温を上げる働きがあるため、その状態で光を照射してしまうと、通常よりも痛みが強まったり、脱毛後の赤みがひどくなったりする恐れがあります。

脱毛後のトラブルをサポートしてくれるサロンは多いですが、飲酒が原因で肌トラブルが起きた場合、サロンに責任はないので、自己責任で医療機関を受診しなければなりません。

施術前・施術後の12時間は、飲酒をしないように気をつけましょう。

なお、飲酒以外でも体温を上げる行動をしてはいけません。

例えば過度な運動をしたりマッサージを受けたり、湯船に浸かったりすると、体温が上がってしまいます。

肌が極度に弱い人の中には、いつも通り歩いていただけで、湿疹が出てしまった人もいます。

マッサージは摩擦による刺激もありますし、オイルマッサージの場合、オイルに含まれる成分が肌を刺激する可能性も否めません。

入浴はしてもかまいませんが、湯船には浸からず、シャワーだけで済ませるようにしましょう。

脱毛はいろいろと気をつけなければならないことがあり、大変そうだと感じるかもしれませんが、同時に大きなメリットも享受することができます。

ムダ毛の悩みを解消したい人は、この機会にぜひ脱毛にチャレンジしてみましょう。