男性脱毛

美意識やエチケットの変化に伴い、現代では脱毛を行う男性が増えてきています。

髭や腕などの目立つ部分から、デリケートな部分まで、脱毛によって容姿に自信を持ち、気持ちよく毎日を過ごせるようになる人もいます。

しかし、脱毛が成功しても、脱毛後の誤ったケアで肌にダメージを与えてしまいがちです。

脱毛を行ったときには、肌荒れや腫れを招かないよう、正しい対処が求められるのです。

脱毛についての知識が浅い男性ほど、事前にしっかりと注意事項を確認しておきましょう。

ここでは、脱毛後に気をつけたいことについて詳しくまとめてみました。

レーザー脱毛の後

レーザー脱毛とは専門家が行う脱毛の中でも特に有名な施術の一つです大まかな仕組みとしては医療用レーザーによって毛根に熱でダメージを与え、体毛が生えてくることを防ぎます。

そう書くと「火傷をするのではないか」と心配になる人もいるでしょう。

しかし、医療用レーザーはメラニン色素にのみ反応するようになっています。

メラニンとは毛など黒い物質に含まれているので、その他の部分が焼かれることはほぼありません。

施術中もピリピリした痛みを感じるくらいです。

とはいえ、肌にまったく負担がかからないわけではないので、アフターケアを怠ると肌が腫れる可能性もあります。

そこで、レーザー脱毛を行ったら、まず肌に水分を含ませ、潤いを保つようにしましょう。

なるべく乾燥した空気に触れず、家でも湿度をコントロールすると安全です。

おすすめしたいのは化粧水を持ち歩いておくことですが、男性が化粧水というのは抵抗があるかもしれません。自分で買いに行くのが恥ずかしい場合は家族や女性の知り合いに頼んでみましょう。

化粧水には水分や細胞を保護する成分が含まれているため、レーザー脱毛により傷んだ肌の回復に役立ちます。

レーザーとの相性が悪く、痛みを感じた人も化粧水によって軽減するのではないでしょうか。

レーザー脱毛の直後では、肌に刺激を与えることを極力避け、安静にしておくのが理想的な対処法です。

お風呂でも熱いお湯に浸かるのはおすすめできません。

抵抗力の落ちている肌だと火傷などの症状の原因となります。ぬるめのシャワーなどですませ、体を洗うときも強くこすらないようにしましょう。

レーザー脱毛は多くの場合、一度きりの施術では終わらずに何回か通院することになります。

次に施術を受けるときまでに肌の状態を万全にして、医療用レーザー脱毛にのぞめるようにしておきましょう。

脱毛した当日

脱毛を行った日、肌に負担のかかる行動は控えておいたほうが無難です。

光脱毛、レーザー脱毛では細胞が破壊されている状態なので、些細な刺激で腫れやシミ、ニキビが出てくる可能性があります。

ニードル脱毛やワックス脱毛でも肌へのダメージが考えられるので、家で安静にしておくように心がけましょう。

避けたいのはまず運動です。運動によって新陳代謝や発汗作用が促進されることはふだんなら健康によいポイントなのですが、傷んだ皮膚の血流が激しくなると、一気に腫れあがることがあります。

そのまま腫れがなかなか引かず、目立ってしまうと厄介なので、激しい運動は避けましょう。

逆に、濡れタオルなどで施術跡をその日中は冷やしておくと、翌日になってもツルツルの肌状態を保ちやすくなります。

暴飲暴食やアルコールもその日のうちは止めておきましょう。

特にアルコールは血圧を一気に引き上げてしまう作用があります。熱い食べ物、辛い食べ物など、体温を上げたり、急激に汗をかいたりする食事もNGだといえます。

脱毛の後、肌をいたわる意味でマッサージやヨガ、ストレッチなどを行いたい人もいるでしょう。

これらの行為は日課になっている人も多く、やらなければ寝つきが悪くなるというケースもあります。

しかし、施術跡への負担を考えれば、一日だけでも休みたいところです。

血のめぐりや発汗作用に影響することは、たとえ健康によいことであっても、脱毛直後は行わないようにしましょう。

脱毛直後、もっとも危険なのは日光に当たることです。

これまでは体毛が日光から肌を保護してくれていたのが、フィルターがなくなったことによって日焼けをしやすくなります。

ダメージのある肌に日光が当たれば、シミの原因にもなるでしょう。

長袖を着る、移動は車や電車を使うなど、日光を避ける工夫を考えておく必要があります。

後日気を付けること

脱毛後、しばらくは肌への刺激を軽減し、なるべくスムーズにダメージが解消されるように努力しましょう。

その過程では、いつもなら当たり前のように行ってきたことを我慢したり、新しい行動を習慣づけたりすることも必要とされます。

たとえば、エステやマッサージ、サウナといった施設に通うのは控えましょう。

肌に熱を与えることで、負担がかかります。また、サウナのように高温の密室にこもる行為も肌にとって望ましくないでしょう。

脱毛を行った後で、他の美容法をかけ持ちするのも良くない事態です。

一度の脱毛で完璧に体毛が処理できることはほとんどありません。そのため、残った毛が気になったり、後日毛が生えてきたりすることもありえます。

そんなときでも、セルフで抜いたり剃ったりするのは止めておきましょう。

脱毛後の肌は傷つきやすくなっています。顔や脇のように繊細な細胞でできている箇所ならばなおのことです。

施術を繰り返すことで脱毛が実現すると信じ、まずは次の施術を行えるまでに肌をいたわりましょう。

除毛クリームなど、効果が確かなグッズであっても、ダメージの残った肌に使用することで、思わぬ副作用が出てしまうこともあります。

脱毛の最中には気持ちが焦ってしまいがちですが、だからこそ自分を抑えることが大切です。

予防接種の予定などもずらすほうが安全です。

影響を受けやすい肌には発疹が出てしまうこともあります。できれば脱毛が終わるまで、注射などの医療行為は避けましょう。

逆に、積極的に行いたいのが保湿です。

乳液、ローションなどが肌に潤いを与えるアイテムとして手に入りやすく、おすすめです。

外出後や風呂上がり、寝る前など規則的にまんべんなく塗っておくと、肌の回復も早くなります。

これは脱毛が完了した後も肌へのケアとして適しているので、長く続けたい習慣です。

脱毛後は髭が剃りにくい?

髭の脱毛を行った後は顔がスベスベになって、まるで生まれ変わったように感じられるのではないでしょうか。

毎日、悩まされていた髭から解放され、晴れ晴れとした気持ちで過ごせるはずです。

髭の脱毛を行った後、しばらくは髭が伸びてきません。髭剃りを手に取ることもなく、時間が過ぎていくでしょう。

しかし、永久脱毛を完了していないのであれば、やがて髭は伸びてきます。

おおよそ3日も経てば、新たな髭が生えてくるでしょう。

それでも脱毛後の髭であれば剃りやすいはず、と思っていると意外な事実につきあたります。

脱毛後に伸びてきた髭は剃りにくくなっているのです。

そのことから、「脱毛によって髭に免疫がつき、強くなってしまった」とか「かえって濃くなってしまった」と解釈する人もいるようですが、脱毛によって髭が薄くなることはあっても、濃くなることは通常ありません。

髭が剃りにくい原因は髭が濃くなったからではなく、脱毛によって髭の先端が焦げつき、丸くなっているからです。

そのため、髭剃りの刃に引っかからず、上手に剃れないのです。決して刃を弾いているわけではないので安心しましょう。

髭が濃くなったと感じる他の原因としては、すべすべの状態の肌を知ってしまったから、という点が挙げられるでしょう。

一度、美しい肌質を感じてしまうと少し髭が伸びてきただけで今まで以上に濃くなったような気がするのです。

剃りにくい髭の対処法としては単純で、「剃れるようになるまで待つ」ことです。

放っておくと髭が伸び、髭剃りに引っかかりやすくなります。それから剃れば、今までどおり簡単に剃ることが可能です。

脱毛が完了すると、髭が抜け落ちるようになるので、髭剃りの必要すらなくなります。

しばらくは「濃くなったんじゃないか」と不安に駆られていても、髭が抜け落ちてからは安心して毎日を過ごせるでしょう。

その他気を付けたいこと

脱毛後のケアとして心がけたいのは、経過を見極めることです。

自分の体毛にどんなことが起きているのかをしっかりと観察し、次にサロンへ行ったときに報告できるようにしましょう。

できるだけ些細な変化も見逃さずに、メモを取っておくことをおすすめします。

自分ではたいしたことはないと思っていても、後からトラブルの原因になっていく可能性はあります。

「まあ大丈夫だろう」で放置せずに、注意深く経過を見守りましょう。

もしも脱毛の成果が上手く出なかった場合、さまざまな理由が考えられます。

施術が向いていなかったのかもしれませんし、レーザーや光の出力に問題があるのかもしれません。

できればあって欲しくないことですが、サロン側の技量が不足しているということもありえます。理由を突き詰めることで、脱毛成功率の上昇へとつながっていくでしょう。

脱毛後の毛の処理にも工夫をこらしましょう。脱毛後も一度の施術で焼ききれなかった毛が生えてきたり、産毛が現れたりすることがあります。

肌がすべすべになっているだけに、これらの体毛は余計目立つもので、すぐ処理したくなることでしょう。

そこで、二度とはえてこないように自力で抜いてしまう人もいます。

しかし、すべすべの肌では抜いた後の腫れや出血は見つかりやすくなります。焦らずにカミソリや電動シェーバーなどを使って処理しましょう。

処理後、乳液などでケアするのも大切です。

脱毛はポピュラーな施術となり、男性が決断するハードルも下がってきています。

時間と費用さえ確保できればすぐにでも実行することは可能でしょう。

一方で、脱毛のケアについては、まだまだ知識が不足している人が多いと思われます。

完璧な施術を行ったとしても、ケアを怠って肌荒れを招いたのであれば悔しい思いをしてしまいます。

脱毛の成功の鍵には自分で行うアフターケアも含まれていると自覚しましょう。