脱毛前の処理

体毛が濃い男性の悩みを解決するためには、サロンやクリニックなどで脱毛をしてもらうことがおすすめです。

近年では、男性の美意識も高くなり、毛深い男性は清潔感がないと思われることが増えてきました。

男性にとって今までは気にならなかった体の毛も、大きなコンプレックスに思えるようになってきたのです。

そこで、時間やお金をかけて脱毛をすることが一般的になりつつあります。

しかし、脱毛の際には準備が必要なのでしょうか。また、準備次第で脱毛のクオリティーは変動することもありえるのでしょうか。

ここでは脱毛の準備について詳しく考えていきます。

サロンの脱毛の前日までの下処理

脱毛を行うとき、クリニック側からは高確率で「前日までに無駄な毛の処理をしてもらうよう、お願いいたします」と言われます。

これを「無駄な毛が生えていると恥ずかしいからだろう」と勘違いしてしまう男性は多いのではないでしょうか。

もちろん、毛深い体を他人に晒すことに抵抗を覚える人もいるでしょうが、クリニックが気にしているのは、そういった感覚の問題ではなくて、より脱毛の精度を上げるための下準備なのです。

現在、多くのサロンやクリニックで導入している脱毛方法は、光脱毛、レーザー脱毛と呼ばれている施術方法です。

これらの施術では、細かい方法は違えども、黒い色素であるメラニンを感知し、焼き切ることによって脱毛を行うという仕組みは一致しています。

メラニンは毛にも当然含まれていますので、光やレーザーが反応し、根元から破壊して毛が生えにくくなるのです。

ただし、これらの施術方法で大きな障害になるのが無駄毛の存在です。

「どうせ脱毛されるのだから、生えていてもいいんじゃないか」と思うかもしれません。

しかし、無駄毛が多くなればなるほど、無駄毛に隠れた毛根まで施術が届かずに、脱毛を仕損じてしまう範囲が増えていきます。

結果、脱毛の効用が遅れ、無駄な通院が増えてしまいます。時間的にも金銭的にも浪費がかさんでしまうといえるでしょう。

それだけではなく、無駄毛が多いと、毛が焦げてしまい、火傷や痛みの原因になります。

脱毛にはわずかな痛みがつきものですが、それが倍増してしまい、脱毛への恐怖心が植え付けられてしまうこともありえるのです。

そのため、前日までに脱毛箇所の無駄毛処理は重要になってきます。

正確には、前日よりも早く、2、3日前には処理を終わらせておきたいところです。

前日だと剃ったばかりの毛が毛根に埋もれてしまい、光やレーザーに感知されない可能性があるからです。

施術の前に気を付けること

脱毛の直前になって気をつけたいのは、体調を整えることでしょう。

無駄毛の処理などについては、前日までに終わらせていると思われるので、当日になって慌てて行わないことを注意しておけば大丈夫です。

しかし、体調が悪いまま脱毛を行うと、多くの面でデメリットが発生します。

そもそも、脱毛とは光やレーザーによって肌にダメージを与えるという行為です。

もちろん、美容のプロフェッショナルによって安全性を保った方法で行われていますし、施術内容は認可の下りたものに限られています。

そして、ダメージを最小限に食い止めるよう、スタッフも尽力しています。

それでも、ささいな要素でダメージが膨らんでしまう施術であることは事実なので、脱毛をする本人が自分の体を労わる気持ちを持つことが非常に重要なのです。

たとえば、風邪などで熱があるときに脱毛を行うのはあまりおすすめできません。肌に熱が加えられることで、余計に体調が悪化する可能性があるからです。

日焼けサロンに行ったり、炎天下の下で素肌を晒し続けたりした直後の脱毛も危険度が増します。

肌に負担がかかっている状態で脱毛を行うと、負担が倍増して鋭い痛みを伴う可能性が生じます。脱毛を行うまでに、肌が焼けてしまわないよう細心の注意を払いましょう。

肌荒れの原因になるような暴飲暴食もNGです。

肌荒れの状態で脱毛を行うと皮膚の痛みが増し、施術中に不快感を伴うことになるでしょう。また、施術によって肌荒れが深刻化することもあります。

特に、アルコールは厳禁です。肌に熱を生じさせ、免疫機能を低下させるアルコールは、直前だけでなく、脱毛を行う一週間ほど前から控えめにしておいたほうが無難でしょう。

「自分に限っては大丈夫」と考えている人も、万が一の可能性を配慮して、ベストコンディションで脱毛に挑むことをおすすめします。

当日の脱毛前に注意すること

無駄毛の処理も行い、体調も整え、いよいよ当日、クリニックで脱毛を待つだけとなりました。それでも、まだまだ気を抜けないポイントがたくさんあります。

面倒に思う人もいるでしょうが、脱毛とはそれほど些細な要因で成功度合いが変わる施術なのです。

まず、当日では事前にアンケートが配られる可能性が高いです。

なぜなら、本人のコンディションが脱毛の精度を左右するとクリニックはよく分かっているからです。

アンケートもまた、脱毛のプロセスの一部です。

適当に書かずに、一つ一つの設問をよく考えるようにしましょう。特に、肌の状態に関するアンケートは正確に書いておくと、施術中の痛みがかなり軽減することもあります。

次に、スキンケアや日焼け止めなどを塗っていた場合はきれいに洗っておくようにしましょう。そもそも、家を出る時点で何もつけずにやってきたほうが賢明です。

光脱毛やレーザー脱毛の場合、肌に何かが塗られているだけでメラニンを感知する精度が下がり、脱毛しにくくなります。汗かきの人も、なるべく乾燥させてから施術に挑むとよいでしょう。

施術時には、施術着を渡されて、着替えてもらうように求められます。

その手間を考えると、動きやすく着替えやすい服を着ていったほうが無難です。

また、貴重品は預かってもらえるケースが多いですが、念のため、クリニックに持っていく手荷物は少なくしておいた方が安心です。

意外なポイントとしてはヘアスタイルです。

施術中は寝台などで長時間、姿勢を固定されるので体の向きが変えられなくなります。そのため、ヘアスタイルが乱れがちです。

あまりこったヘアスタイルで出かけると、施術中に困る確率が高まります。ファッションも含め、できる限りラフなスタイルを意識しておくと、施術が終わるまで楽に過ごせるでしょう。

より効果的にするには?

脱毛の効果を高めるために必要なのは、まず肌に潤いをもたらすことです。

肌に潤いがあると、肌質が滑らかになります。

すべすべの肌は光やレーザーが感知するメラニンの量も多くなり、一回当たりの脱毛の精度が高まります。

なるべく少ない回数で脱毛を終わらせたいと考えている人は、肌の水分を意識して生活しましょう。また、肌に潤いがあるほうが、脱毛時のダメージを軽減させるのにも役立ちます。

常日頃から、十分な水分量をとり、男性でもスキンケアを怠らないことが大切です。

また、アルコールは脱水症状を引き起こし、肌から水分を奪っていきます。脱毛の日が近づいたら、禁酒を行ったほうがよいでしょう。

脱毛の精度を阻害するのは、毛を抜く方法での処理です。

一般的には剃るよりも抜くほうが、毛を根元から除去できるので有効だといわれています。

しかし、脱毛においては、見た目の毛の少なさよりも、毛がどれだけ生え揃っているかのほうが重要なのです。

毛が生え揃っていれば、部分によって脱毛のスピードに極端な差が生まれる、という事態を避けられます。

そのぶんだけ、クリニックに通う回数を節減できるでしょう。

しかし、抜いてしまうとどうしても毛の生えるスピードにバラつきが生まれてしまいます。結果、わずかに生えてくる毛のために、回数をこなさなければいけないという状況もありえるのです。

処理は電気シェーバーなどで、短く揃えておくとよいでしょう。

そして、何よりもまず健康的な生活を送ることです。

健康的に毎日を過ごしていれば、肌質は美しくなり、脱毛のダメージにも耐えられるようになります。

そして、ホルモンバランスも整うので、毛が生える周期もコントロールしやすいのです。

十分な睡眠時間をとる、偏食をしない、ストレスをためこまない、などの健康によい行いは脱毛にとってもプラスに働くのだと覚えておきましょう。

準備を忘れたら?

人によってはうっかり、脱毛前の処理を忘れてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、まず行うべきなのはクリニックへの確認です。クリニックからの指示に従い、対応するのがまず間違いのない方法だからです。

しかし、なかには処理をしていないと聞けば、脱毛を見送ってしまうクリニックもあります。

一見冷たいようにも映りますが、クリニック側からすれば成功率が低く、利用者のダメージも大きい状態での施術を行いたくないのは当然でしょう。

そこで、気がついた時点でなるべく早く毛の処理を行っておいたほうが無難です。たとえ外出中であってもコンビニやスーパーでカミソリを購入し、トイレなどで処理を行うことを推奨します。

手間に思えるかもしれませんが、せっかく予定していた脱毛のスケジュールを飛ばされることを考えれば、我慢できる手間ではあるでしょう。

カミソリを使った当日の処理では、根元から毛が抜けないよう長さを揃えていくことを意識しましょう。

クリニックによっては、事情を説明すればカミソリを貸してくれることもあります。

また、処理をしていない状態でも施術を実行してくれるクリニックは存在します。

しかし、それでも毛が少ない箇所のみであったり、処理をしてある箇所だけだったりする施術が大半なので、何よりも重要なのは、そもそも処理を忘れないことだといえるでしょう。

クリニックで行う脱毛は見た目の美しさと精度に見合うだけの費用がかかっています。無駄に出費を大きくしないためにも、高い意識で脱毛の準備をするようにしましょう。

男性の美容として、新たな課題になりつつある脱毛ですが、まだまだ下処理の方法など、慣れていない部分が多い現状があります。

男性が脱毛について学び、効果を少しでも引き出そうと努力することで、理想的な脱毛へと近づいていくことでしょう。