髭

髭は昔から男性らしさのシンボルの1つとされてきました。

しかし昨今では、髭のないスタイルは清潔感を感じさせるため、女性だけではなく男性からも人気となっています。

爽やかな印象を与えるために、あるいは職場のルールやマナーに合わせて毎日欠かさず髭を剃っている人は少なくないことでしょう。

しかし毎日の髭剃りを煩わしく感じている男性は少なくありません。

そこで、どうにか髭をケアする手間を減らしたいと思っている人に、髭を抜いたり永久脱毛で処理したりするメリットとデメリットについてご紹介します。

さらに正しく髭を抜く方法や、髭を抜くと生えなくなるのかどうか、その真相についても解説します。

髭を抜くメリット

髭剃り

髭を処理したいと多くの人が考える理由の1つは、清潔感を持った爽やかな顔になりたいからです。

髭を処理しようと思ったときは、剃るのが一般的です。この方法は、気になったときに比較的気軽にケアできるという良さがあります。

簡単な前準備として、シェービングフォームや専用のローションなどを塗りさえしてしまえば、カミソリ電気シェーバーを用いて短時間で処理することができるからです。

しかし、髭を剃ったとしても、皮膚の上に出た部分を処理しただけにすぎません。

そのため、皮膚の下に剃り残された毛の黒い点々が、処理後にも残って見えてしまいます。

どれだけ丁寧に剃っても、皮膚の下にある毛まで処理するのは不可能なのです。

このため、特に太く濃い毛質の人は、皮膚の下の毛が透けて見える青髭とよばれる状態となってしまうことがよくあります。

髭毛抜き

一方で、剃るほかに、髭を抜く方法もあります。この方法では髭を根元から取り除けるため、処理後に黒い点々が残ることはありません。

こうすると肌から髭の残りが透けて見えることがなくなるため、清潔な印象を与えやすくなります。

これが髭を抜く方法で処理するメリットです。

また、もう1つのメリットとして、髭処理の頻度を減らせるという点を挙げることができます。

髭を根元から抜いてしまうため、髭が再び皮膚から顔を出すまでに時間がかかるからです。

青髭

剃った髭はもともと皮膚のラインぎりぎりまでしか処理されていないため、少し伸びただけで目立ってしまいます。

毛深い人の場合には、朝起きたときに十分な髭剃りを行っていても、夕方にはぽつぽつと黒い毛が生えてきてしまうというケースは少なくありません。

髭が少しでも伸びると、髭剃りを怠っているような印象を与えるため、だらしないイメージを持たれてしまう可能性があります。

清潔感のある顔を維持したい、毎日の髭剃りのわずらわしさから解放されたいという場合、髭を抜くという方法は効果的な対策の1つとなるのです。

髭を抜くデメリット

髭を抜く処理方法は、髭処理の手間を減らし、清潔感のある顔にすることができますが、一方でデメリットもあります。

毛の構造

髭を抜くという行為は、しっかりと生えている毛を強制的に引っ張って取り除く方法です。

髭などの毛は、皮膚の外に出ている部分を毛幹、皮膚の中にある部分を毛根と呼んでいます。

毛根の中でも先端部分にある部分を毛乳頭と呼び、毛細血管とつながることで毛細血管から栄養を取り込み成長の糧としています。

しかし、髭を引っ張って抜くと毛乳頭と毛細血管の連結部が切れてしまう場合があります。

毛が栄養の吸収を活発化させている成長期と呼ばれる時期に、毛乳頭と毛細血管の連結を切ると出血してしまうことがあります

毛抜きによる毛嚢炎

ダメージは、出血以外にも毛嚢炎(もうのうえん)という症状で現れる場合もあります。

毛嚢炎とは、毛を抜くことにより空になった毛穴の奥の毛包に細菌が侵入し感染して起こる症状です。

ニキビに似た赤いブツブツができて中央部に白い膿が発生したり、患部にかゆみや痛み、熱が発生したりすることもあります。

軽度の場合には自然に治癒するケースもありますが、毎日髭を処理しなければいけない場合、毛嚢炎が起きている状態にさらに刃をあてて悪化させるリスクもあるのです。

さらに、きれいな肌を目指して行っている行為であるにも関わらず、何度も髭を引っ張る刺激によってメラニン色素の生成が活発となり、皮膚に色素沈着を起こしてしまう可能性もあります。

色素沈着はシミの発生につながるため注意が必要です。

埋没毛

このほかに生じやすい肌トラブルには、埋没毛があります。

埋没毛は、毛が途中で切れてしまい、残った毛が皮膚の下で成長し埋没してしまうものです。

埋没した毛は皮膚の外からでも目に見える状態となるため、毛の黒さが目立ち、不潔な肌に見えてしまいがちです。

埋没毛は、時間の経過とともに皮膚の外に出てくることもありますが、皮膚におおわれて埋もれたままとなってしまうこともあるのです。

髭の正しい抜き方とは?

十分に洗顔する

髭を抜く前の洗顔

髭を抜く場合には、肌の負担を抑えるよう正しい手順で行うことが大切です。

まずは髭を抜く前に必ず十分な洗顔を行いましょう。

顔に汚れや脂などが残っていると細菌が発生し、処理後の毛穴に入りこんで毛嚢炎などの肌トラブルの原因となってしまいます。

ただし、洗いすぎも禁物です。過剰な洗顔は汚れとともに肌を保護する成分も落としてしまいます。

肌への刺激の少ない洗顔料を使用して十分に泡立てた上で優しくなでるように顔の汚れを落としていくというのが肌の負担を少なくする正しい洗顔方法です。

汚れや洗顔料を落とす際にはぬるま湯を使用します。十分にすすぎ終わったらタオルで顔を拭きます。

このときに、決してこすらないようにしましょう。顔にタオルを軽くあてて水分を吸い取るような感じで優しく押し当てていきましょう。

水分を残らず拭き取ったら最後は化粧水でしっかりと保湿を行います。

清潔な状態で顔を洗うためには洗顔前に手を充分に洗っておくことも大切です。指先や指の間などには汚れが残りやすいため特に念入りに洗う必要があります。

また、毛抜きなどの用具も清潔に保っておくことが大切です。アルコールや熱湯で消毒すると安心でしょう。

髭を抜く

洗顔が終わったら髭を抜き始めます。

最初に髭を剃る部分にホットタオルなどをあてます。ホットタオルで温めると、毛穴が広がり、髭が抜けやすくなったり、髭の毛質が柔らかくなったりして処理がしやすくなります。

毛穴が広がり、毛が柔らかくなったら髭を抜いていきます。

その際には毛の生えている向きに引っ張るようにして抜きましょう。毛を抜く手とは逆の手を使って、抜く毛の根元の皮膚を軽く押さえると効果的です。

なお、毛は必ず1本ずつ抜いてください。

アフターケアを行う

髭を抜いた後のアフターケアも大切です。

毛を抜いた刺激により炎症を起こしている毛穴を落ち着かせるためにアイシングを行います。

髭を抜いた後のアフターケア

最後は刺激のない化粧水や、油分が含まれていない乳液ローションなどを優しく塗って、保湿により肌を引き締め、空いた毛穴に細菌が入らないように予防ケアを行ったら処理は終了です。

ホントに髭は生えなくなるのか?

髭を繰り返し抜いていると、毛根が破壊されて髭が生えなくなるという話を聞いたことがありませんか?

しかし、通常は毛抜きやピンセットなどを用いて髭を抜くだけでは、髭はまた生えてきます。

その理由は髭を引き抜いたところで髭を作る働きを持っている毛母細胞は毛穴に残ってしまっているからです。

髭が成長する際には髭の根元で膨らみを持った毛球の先端部にある毛乳頭が毛細血管から栄養を吸収しますが、それとともに毛母細胞へと指令を出しています。

指令の内容は発毛を促すものの場合もあれば、毛の成長を止める内容である場合もあります。

髭のように体から生える毛は、毛母細胞の分裂が活発化し毛が成長して伸びる成長期、毛母細胞の分裂が止まり毛乳頭とのつながりが緩んで毛が抜ける退行期、毛が完全に抜け落ちて次の成長までの待機期間を過ごす休止期という3つの期間を繰り返していて、このサイクルは毛周期と呼ばれています。

毛乳頭からの指令は毛周期に沿って行われていて成長期であれば発毛を促す指令を、退行期であれば毛の成長を止める指令を出しているのです。

毛乳頭を包み込むようにして存在する毛母細胞は、成長期になるたびに発毛の指令を受けて細胞分裂を繰り返し行っています

そして細胞分裂で増殖した細胞が角質化し集まることで1本の毛となっていくのです。

毛が生える工程にはこのような流れがあるため、一度毛を抜いたとしても毛母細胞がある限り、毛周期の中の成長期が訪れるたびに再び毛は伸びてきます

毛抜きなどにより毛を引っ張り抜くだけでは毛母細胞を取り除くのは不可能なため、通常の処理方法では髭が生えなくなる可能性はほぼないのです。

サロンでの脱毛

しかし、サロンや医療機関などでは専用の機械を使用し、何度も繰り返し毛穴に刺激を与えることで毛母細胞を破壊することは可能となります

このため、レーザー脱毛などの手段を用いることにより、個体差はあるものの髭が生えにくくなったり、髭が生えなくなったりする場合もあるのです。

髭の永久脱毛のメリットとデメリット

永久脱毛すると、髭が生えにくくなります。

永久脱毛では、毛母細胞に特殊な光やレーザーを当てて刺激を与えることにより、毛の生える元となる毛母細胞を破壊し、毛の成長を止めます。

ただし毛母細胞はとても丈夫な細胞であるため、一度の刺激で完全に破壊できるとは限りません。

このため、何度も施術を受けることが必要となるのです。髭の永久脱毛のデメリットは、この施術を複数回受けなければいけない面倒さにあります。

また、脱毛が終わるまでにある程度の期間を要するのもデメリットの1つとして挙げられます。

光やレーザーを当てるのは毛周期のうちの成長期だけです。

成長期に生える毛はメラニン色素が多く含まれているため、黒いものに反応しやすい光やレーザーの性質を利用した脱毛方法では、成長期に施術を行うと効果がより高まります。

しかし成長期に焦点を絞り時期を待って施術を進めていくため、脱毛が終わるまでに期間が必要となるのです。

永久脱毛するには、ある程度の期間と施術の回数が必要となりますが、一度脱毛処理をしてしまえば、格段にお手入れが楽になります

特に日々処理が必要とされる髭の場合、処理の煩わしさから解放されるのは大きなメリットです。個人差もありますが、永久脱毛が終了する前にも効果を感じる人は少なくありません。

施術の回数を重ねるごとに髭の生える速度が遅くなったり、髭の量が減ったりして、濃かった髭が薄くなっていきます。そうなると、髭の処理を行う回数を減らすことにもつながります。

髭処理の回数が減れば肌への負担をかける機会も減るため、肌トラブルが改善するといった効果も期待できるでしょう。これがもう一つのメリットとなります。

髭をなくし、清潔感のある肌を手に入れたい、日々の処理の煩わしさを減らしたいという場合には、髭を毛穴から抜く脱毛方法は、一時的にせよ効果があります。

しかし、永久脱毛をすることで、脱毛効果をさらに持続させることができます。

髭の永久脱毛のメリット

まとめ

髭が濃い人は、皮膚の表面に出てきた毛を剃っても、皮膚の中にある毛が透けて見えて、青髭のようになってしまいます。また、朝、髭剃りをしても、夕方には生えてくる場合もあるでしょう。

そのようなことを避けるには、髭を毛根から抜いてしまうという方法があります。

しかし、毛抜きなどで髭を抜くと、毛穴に負担がかかり、肌トラブルを起こすリスクもあります。

剃ったり抜いたりしても、髭はまた生えてきますが、永久脱毛すると、髭再生の間隔が延びたり、ひげそのものの量が減ったりして、清潔感のある肌を保つことができます。

正しいケアと対策で上手に脱毛処理を行えば、きれいな肌を手に入れられるのです。